渡慶次交流 of 島嶼音樂季|H.O.T. ISLAND MUSIC FESTIVAL 2015

006.png

top001.jpg


852316.ai

okeshi_top.ai

読谷村渡慶次区との交流

yomitanmap.jpg読谷村(よみたんそん)
読谷村は面積35.17平方キロメートル、人口約4万人で人口日本一の村です。1972年(昭和47年)の日本復帰で村域の73%、現在でも46%が米軍用地として使用されてきた「基地の村」ですが、一貫して「人間性豊かな環境・文化村」を理念に村づくりを推進してきました。
村内の23の自治会 (字) は村政と連携し、伝統芸能などの再建に取り組んできました。琉球三線の始祖といわれている伝説上の人物『赤犬子』や、愛しい人や旅立つ肉親のために安全を祈り織った織物『読谷山花織』の復刻、陶芸家の工房が集まる『やちむんの里』等もあり、歴史と伝統文化の息づく魅力的な地域です。
村内には、華やかな王朝文化を築いた15世紀ごろの町並みを再現したテーマパーク『むら咲むら』があり、シーサー作りや紅型、吹ガラス、トンボ玉などなどの豊富な101の体験が出来る注目のスポットになっています。

讀谷村(Yomitanson)

讀谷村是一個面積35.17平方公里,人口約4萬人的一個人口密度高的村落。1972年沖繩歸還的政策下,村裡73%的土地,到現今還有46%的土地為美軍用地,基本上是一個基地村,但是村落一直以來都以「充滿人性的環境與文化村」的理念來提昇村落的發展。

村內有23個自治會與地方政府合作,努力再建當地的傳統藝能,包括傳說中是琉球三弦琴始主的「赤犬子」、為了心愛的人與親友出遠門時所做的安全起願的紡織物「讀谷山花織」的再版、聚集了許多陶藝家的「Yachimun之里」等等,是一個充滿歷史與傳統文化特色的地區。

村裡有一個叫作「Murasakimura」的遊樂園,再現15世紀時豪華的王朝文化的街景。這裡可以體驗製作沖繩風獅爺、紅型染織物、吹玻璃、蜻蜓玉製作等,提供101種的體驗,是一個值得一遊的好地方。

渡慶次区との文化交流

今回訪問する渡慶次区は、沖縄本島中部の西海岸、残波岬につながる半島状の土地の基部を占めます。地名は、開拓者の名前にちなむとも、あるいは村の後方にある『トゥクシ TUKUSHI』という岩にちなむともいう。
集落センター南側に瓦屋根の小さな小屋が『獅子屋』があります。渡慶次の獅子舞は約250年の歴史を持ち、無病息災を祈願する渡慶次区の守護神とされています。
渡慶次の方々と、台灣の方々は渡慶次に滞在し、生活体験を行います。

這次訪問的渡慶次區位於沖繩本島中部的西海岸,是一個與殘波岬相連的半島狀的土地。地名的可能是源自開拓者的名字,或是村落後方有一個叫做「TUKUSHI」的岩石而來。村落中心南側有一間小小的瓦礫屋名叫「獅子屋」。渡慶次的獅子舞約有250年的歷史,是為祈禱渡慶次地區無病無災的守護神。
我們將停留在渡慶次並與渡慶次當地的民眾交流,體驗當地的生活。

6/4 20:00~ 渡慶次公民館音楽交流


「渡慶次獅子舞(とけしししまい)」

渡慶次子ども獅子舞クラブ
渡慶次で獅子が作られたのは1700年代といわれています。かつて獅子と龕(がん)は夫婦(ミートゥンダ)と言われ、獅子は災厄から渡慶次を守る加護神とされています。途中戦争により獅子が消失し、一時は途絶えた獅子舞も1950年に復活しこれまで大切に継承されています。渡慶次子ども獅子舞クラブも事情により数年ほど活動が途絶えていましたが、2014年に息を吹き返しました。新生渡慶次子ども獅子舞クラブの活動は、九州民族芸能祭出演、プロバスケットリーグハーフタイムでの演舞等、活躍の幅をどんどん広げ、とどまる事を知りません。

「渡慶次獅子舞」(Tokeshishishimai) 渡慶次小朋友舞獅團

據說在渡慶次地區舞獅的製作從1700年開始發展起來。過去認為獅子與神龕是一對夫婦,所以獅子代表了保護渡慶次免於災害的守護神。在戰爭期間舞獅一度消失,但在1950年又再度復甦,繼續傳承過去的傳統。渡慶次小朋友舞獅團過去也有停止活動的時期,但在2014年再度復團。新生的渡慶次小朋友舞獅團過去曾在九州民族藝能祭演出過,也在職業籃球聯賽中場表演時間表演過,相信未來他們的發展不可限量。

渡慶次獅子.jpg

沖縄県読谷村渡慶次

車でお越しの方へ

沖縄自動車道、沖縄南ICから20km
県道74号線 から 読谷村 伊良皆 まで行きます。県道6号線を残波向けに進むと渡慶次区につきます。

バスでお越しの方へ

路線バス(系統番号:28)
空港:モノレール 那覇空港駅→旭橋駅(260円)下車→那覇バスターミナル(徒歩約2分)
那覇バスターミナルから 系統番号28番(読谷行き)に乗車
大当(うふどー)停留所もしくは読谷バスターミナルで下車 約1,080円

時刻・料金等に関しましては、下記へ直接お問い合わせください。

株式会社 琉球バス交通:
098-958-2114(読谷出張所)

yomibus.jpg与那共同売店入口